一般葬から家族葬、直葬等
どんなことでもご相談下さい
お急ぎの方は
365日24時間
  • 夜間OK
  • 土日祝日OK
  • 迅速なお迎え
  • 一般葬

    一般葬は、故人様やご家族様とご縁のあった人との縁を大切にした葬儀の形式です。
    お呼びする方の範囲に制限はありません。
    参列者は会社関係や近所の人、学校やサークルの人など様々です一般葬は家族葬に比べて、しきたりやおもてなしを重視するご葬儀です。

    遺族と参列者が故人を偲んで食事をし、別れの時間をともに過ごす通夜にはじまります。
    参列者の人数を明確にすることは難しいことです。
    お呼びするグループごとに概算で出してみましょう。
    遺族の死別の悲しみを慰め故人を送り出すために、先人たちが長年にわたる経験と知恵によって生みだした、かけがえのない文化といえます。

    1. お通夜
    2. 告別式
    3. 火葬
    Aプラン
    小規模な人数でいっぱいのお花でお別れをする生花祭壇プランです
    50万円(税別)
    Bプラン
    御会葬~約30名様へのお勧め花祭壇プランです
    後飾壇・六角糖一対が追加されています。
    75万円(税別)
    Cプラン
    御会葬~約50名様へのお勧め花祭壇プランです
    お柩も変更されRインロー棺又は布棺(白山)が選べます。
    後飾壇・果物一対が追加されています。
    90万円(税別)
    Dプラン
    御会葬~約80名様へのお勧め花祭壇プランです
    お柩も変更され二面彫刻棺又は布棺(ドーム)が選べます。
    収骨容器も金襴に変更されます。
    後飾壇・上等果物一対・門灯装飾が追加されています。
    120万円(税別)
    Eプラン
    御会葬~約100名様へのお勧め花祭壇プランです
    お柩も変更され三面彫刻棺又は布棺(ドーム)が選べます。
    収骨容器も金襴に変更されます。
    後飾壇・上等果物一対・門灯装飾・祭壇側面花・棺上花が追加されています。
    150万円(税別)
    Sプラン
    御会葬~約200名様へのお勧め花祭壇プランです
    お柩も変更され五面彫刻棺又は布棺(飛天)が選べます。
    収骨容器も青磁に変更されます。
    後飾壇・上等果物一対・門灯装飾・祭壇側面花・棺上花が追加されています。
    180万円(税別)
    SSプラン
    御会葬~約300名様へのお勧め花祭壇プランです
    お柩も変更され五面彫刻棺又は布棺(銀富士)が選べます。
    収骨容器も大理石に変更されます。
    祭壇上の遺影写真も電照半切に変更されます。
    後飾壇・特上等果物一対・門灯装飾・祭壇側面花・棺上花が追加されています。
    220万円(税別)
    SPプラン
    御会葬~約350名様へのお勧め花祭壇プランです
    お柩も変更され純桐棺は布棺(彩花)が選べます。
    収骨容器も大理石に変更されます。
    祭壇上の遺影写真も電照半切に変更されます。
    後飾壇・高級果物一対・門灯装飾・祭壇側面花・棺上花・檜10尺看板・案内看板・プラカードが追加されています。
    270万円(税別)

    一般葬のメリット

    多くの方に一度にお別れしていただけるため、葬儀後の弔問対応などの煩雑さが軽減できます。
    沢山の人から見送られる姿に、遺族が励まされる事もあります。
    ※故人の意外な一面が見れるかも?
    規模が大きくなるにつれ、祭壇などの費用もかかる一方で、参列者からの香典収入によって、遺族の費用負担が軽減できます。

    一般葬のデメリット

    参列人数の予測が難しく、飲食などでむだが出ることがある。
    参列者への気遣いなどで忙しく、精神的にお別れができない場合がある。
    一般葬を成功させるには、「実費も含めた概算費用を把握して、予算オーバーを防ぐ」というところがポイントになります。
    参列者が多い分、飲食や返礼品の費用がかさむうえ、人数が多いほど利用する式場のキャパシティも大きくなります。
    これらの実費分と香典収入の概算を出して、本当の出費がどれだけかかるかを事前に把握することが大切です。
    人数が多いほど利用する式場のキャパシティも大きくなります。
    これらの実費分と香典収入の概算を出して、本当の出費がどれだけかかるかを事前に把握することが大切です。

    各プランによって受付設備・スタッフ人数・花祭壇の大きさが異なります。
    お気軽にお問い合わせください。