一般葬から家族葬、直葬等
どんなことでもご相談下さい
お急ぎの方は
365日24時間
  • 夜間OK
  • 土日祝日OK
  • 迅速なお迎え
  • 杉並区には葬儀会場が多くあります。
    そのため、いざ葬儀会社を決めるときにどこにしようか悩むことがあるでしょう。
    杉並区はファミリー層が多く暮らす地域であることから、家族葬や一日葬などの家族が中心で行う葬儀の需要が高まっています。
    ここでは、杉並区で人気の一日葬や家族葬などを中心に、金額やタイムスケジュールを紹介します。

    葬儀の流れや手順・東京での葬儀

    杉並区周辺の葬儀場では、宗派やさまざまな形の葬儀に対応してくれます。東京で葬儀を行う際の大まかな流れはどの宗派でも共通しているので、順番に見ていきましょう。

    ①葬儀会社に連絡
    ②葬儀の内容を決める
    ③契約
    ④故人の安置とお通夜
    ⑤告別式
    ⑥出棺・火葬

    まずは故人がなくなったら葬儀社を選び連絡します。この時には医師からの書類が必要ですので用意しておきます。詳しい内容の打ち合わせをして決まったら契約になります。その後、故人を安置し、通夜を執り行います。法律でお亡くなりなってから24時間以内は火葬できません。多くの場合は翌日に告別式を行うのが東京では一般的です。告別式が済んだら、出棺・火葬へと進み、最後のお別れとなります。

    仏教の場合に気を付けるポイント

    日本で行われるお葬式の半数以上が仏式のお葬式だと言われています。遺体を安置し葬儀社が決まりましたら、まずはお世話になっていたお寺に連絡をします。
    お世話になっているお寺を決めていなかった場合には、近所の菩提寺に連絡をします。
    仏式のご葬儀のポイントは、読経があることと、焼香があることです。
    宗教や宗派の違いはありますが、葬儀の流れはほぼ変わりません。

    キリスト教の場合に気を付けるポイント

    キリスト教の葬儀は、教会で行われます。
    キリスト教では通夜の習慣はありませんが、日本の仏式の風習を取り入れ「前夜祭」または「通夜の祈り」を行うこともあります。聖書の朗読や讃美歌または聖歌、牧師または司祭による説教などを行います。
    仏式との違いは、臨終の時点から神父や牧師に「看取り」を行ってもらう点です。危篤の時点で、神父や牧師に連絡をし、カトリックの場合は「病者の塗油の秘跡」を行うこともあります。
    仏式では「末期の水」は唇を水で濡らすだけですが、キリスト教ではパンとワインを口に与えます。

    経験豊富な葬儀社を選ぶべき

    このように式にもいろいろと形式があるので、自分達の希望の式内容にしてもらうには葬儀会社の経験が重要になってきます。いろいろな葬儀を対応している会社であれば、対応力も高いですしノウハウも蓄積しているでしょう。キリスト教式や珍しい仏教の葬儀も問題なく執り行えるはずです。
    また、経験が豊富なら視野が広いことが多いので、葬儀の内容だけではなく参列者の利便性や遺族の負担軽減にも目を配ってくれます。トータルでみんなが記憶に残って納得のできる葬儀にる可能性が非常に高いでしょう。

    葬儀社を決める

    葬儀を行う日にちにはタイムリミットがあります。そのため、なるべくスピーディーに動かくことが必要になるでしょう。いくつか希望の葬儀社をピックアップできたら、打ち合わせや相談をしながら依頼する先を決めます。

    葬儀社を決める時には葬儀の内容や流れを確認したり、実際の会場を見学させてもらうようにすると、より安心した葬儀会社を選ぶことが可能です。
    葬儀会社を決めるときに注意しておきたいポイントを紹介します。

    ・会場の広さ
    ・清潔感
    ・アクセスのしやすさ

    葬儀は結婚式のように参列する人数が決まっているわけではありません。
    そのため、少し広めの会場を押さえておくと安心です。また、清潔感も重要になります。
    杉並区は都心からの電車が通っているため、駅から式場までのアクセスもとっても大切になってきます。葬儀に来る人が参列しにくい場所は避けると良いでしょう。
    アクセスや広さが確認できたら、最後はプランや料金の確認が必要です。
    プランに何が含まれているのか、追加になる項目も知っておくと後からトラブルになりません。支払い方法やタイミングも忙しい当日を避けて、できるだけ負担にならない方法を選びましょう。

    とみん葬祭の葬儀社としての強み

    お線香1箱をお届けなど、小回りが効きます。
    1家族に対して、1担当者が、事前のご相談からご葬儀、法要やアフターフォローまで一環して担当する自社スタッフでのお手伝いをしております。
    葬儀式場や霊安室が首都圏を中心に地方まで多数、提携しています。
    自社寝台車を完備しいる為、24時間年中無休にて対応可能です。
    葬儀費用の不安を解消する為に、ご家族のご意向をお聞きしながら飲食費や返礼品、式場費などを全て含んだ、葬儀総額費用のご相談、お見積は無料で作成しております。
    市民葬取扱店や行路病者取扱店等の為、行政からの信頼があり安心です。
    店舗がございますので、お仕事帰りなどでもお気軽にご来店でのご相談をすることが可能です。
    とみん葬祭では、葬祭ディレクターが在籍しております。
    ご家族の身になり、ご家族の視線に立って、専門性をもったご提案をさせていただきます。

    故人や家族の意向を考えながら、葬儀の形式を決める

    葬式といえば一般葬で行うのが基本でしたが、最近ではさまざまな形式が選ばれるようになりました。

    ・家族葬
    ・一日葬
    ・直葬

    最近は宗派だけではなく、故人の個性を表現する様な葬儀も多くなっています。そのため、できるだけ希望を実現してくれる葬儀社を選ぶことも重要視されています。
    ごく身近な人だけ招きたいという希望があれば、家族葬などコンパクトでその分濃密な式が人気です。
    周りの負担を減らしたいという意向があれば、一日葬が良いでしょう。
    なるべく短時間で出費を押さえて葬儀を執り行いたい場合は、直葬が好まれます。

    故人や家族や親族の意向を良く聞いて、トータルで全員が気持ちを込められる葬儀にすることが大切です。そのためには力を貸してくれる親身で柔軟な対応をしてくれる葬儀社を選ぶことも欠かせないポイントです。伝統通りにこだわらず、個性を出した葬儀を検討することで、納得のいくお別れができるでしょう。

    とみん葬祭からのアドバイス

    葬儀には、ご遺族の考え方によってさまざまな形式があります。 しかし、日頃は縁のない事ばかりであり、お分かりにならない点も多々あるのでは ないかと思います。そこで微力ながらとさまざまな葬儀の形式をご提案させて頂きます。

    それぞれのメリット、デメリットを参考にして納得のいくご葬儀の形を見つけて頂ければ幸いです。

    昨今、「家族葬」という言葉が広く知られるようになりました。
    お葬式のご相談を受ける際に「家族葬でお願いします」とおっしゃる方も増えています。
    「家族葬」という言葉がどのようなお葬式を意味するのかという点については、それぞれのご家族によって異なりますが、「お葬式をあまり盛大にしたくない」という意識があるようです。

    では、お葬式の規模を小さくすれば、本当にお葬式の費用は抑えることができるのでしょうか?
    その答えは、半分は正解で半分は不正解です。
    正解というのは、飲食や返礼品など、お葬式に参加する方の人数によって変動する費用は人数が少なければ少ないほど、かからなくなるからです。
    ではなぜ、半分は正解なのでしょうか?
    その秘密はお香典にあります。いっぱんに、お葬式に参列される方は、故人との関係に応じてお香典をお持ちになります。このお香典がお葬式の費用をカバーするため、お葬式そのものにかかる費用は多少増えても、実際にご遺族の方が持ち出しする費用は低く抑えられるというわけです。

    お香典の由来には諸説ありますが、みんなで助け合ってご遺族の負担を少しでも軽くする。そんな「お互いがお互いを助け合う」という気持ちが、お香典には受け継がれていると思います。「お葬式でご遺族にかかるご負担を少しでも軽くしたい」そんな私たちの想いを少しでもお伝えすることができれば幸いです。

    次の見出しでは、葬儀の形式ごとに金額やスケジュールを紹介していきます。

    家族葬の場合の金額やスケジュール

    家族葬は最近、増加しているスタイルの葬儀です。
    家族や親族、ごく親しい知人だけとこじんまりした葬儀で、少人数で行うのでゆっくりと故人との思い出を楽しんだり、別れの時間を持てます。
    家族葬の相場は約30万~70万円前後です。参列者の人数によっても異なりますが、参列者が限られているので無駄がなく予算をオーバーすることが少ないでしょう。

    家族葬の流れは以下の通りです。
    家族葬と決めたら葬儀社に見積りや相談をします。
    場所や日程が決まったら参列をしてほしい人に、詳細の連絡を入れましょう。
    このときに呼ぶ人を周りと話し合っておくと、連絡がスムーズにきます。

    当日は控え室に家族や親族が集合後に式がはじまります。
    葬式の流れは普通のお葬式と変わりません。
    出棺・火葬まで終えた後は解散する場合と、懇談の時間がもたれ食事をする場合があります。
    家族葬の場合、身内がほとんどであることからみんなで食事をすることが多い傾向です。

    一日葬の場合の金額やスケジュール

    一日葬も参列者の人数で費用は変わってきます。40万円台から50万円台が平均的ですが、中には戒名や火葬は別料金ということもありますので、確認しましょう。

    御通夜を行わない一日葬では、流れは一般的な葬儀の通夜の部分を取り除いたのと同じです。まずは葬儀社に連絡をして一日葬にする旨を伝えて段取りを決めます。
    当日は、受付・告別式を終えた後に出棺・火葬の流れがほとんどです。
    最後に精進落としの食事がありますが、最近では火葬の時間に精進料理が振舞われることもあります。
    通夜を省くので、その分の費用と手間がなくなりますが、しっかりとお別れの時間を持てるのがメリットです。また、食事の時間では参列者同士が話をすることもできるので、事務的な印象もやわらげることもできる葬儀スタイルとして人気があります。

    直葬の金額やスケジュール

    家族葬や一日葬よりもシンプルなのが「直葬」です。
    一般的な直葬だと20万円から30万円で行えることが多いです。食事代などもカットできるので、経済的な負担を軽くできます。

    この場合は個人とのお別れの時間が火葬前だけとなるため、当日集まったらすぐに火葬を行い、お骨拾い上げで終了です。
    直葬は身近な人だけの参列の場合が多く、本当に参列してほしい人だけの参列になるでしょう。またコンパクトなので残された人の負担にならないのもメリットです。
    孤独死や高齢社会が問題視されている中、負担が少ない直葬は増加傾向にあります。

    杉並区の葬儀モデルケース

    とみん葬祭が行った杉並区での葬儀のモデルケースをご紹介します。

    城西サポートセンターでの葬儀の場合

    ※宗教者へのお布施は含まれておりません
    ※料理屋返礼品など不要なものは省くことが可能です
    ※各種プランの変更も可能です

    堀ノ内斎場の葬儀の場合

    ※宗教者へのお布施は含まれておりません
    ※料理屋返礼品など不要なものは省くことが可能です
    ※各種プランの変更も可能です

    親族や会社のかたと相談して、葬儀の日程を決める

    いろいろな葬儀の形がありますが、一番は故人の希望に出来るだけそうようにすることです、とは言っても、故人が具体的に意思を示していないことも多いです。そんなときでも遺族だけで勝手に決めてしまうと、後からトラブルになってしまうかもしれません。
    できるだけ遺族の中では成したことを中心に、親族とも話をまとめておくようにしましょう。参列する側の負担も考えなくてはなりませんし、故人が仕事をしていれば会社関係者の参列も配慮しなくてはなりません。仕事では意外と多くの方と繋がっていますから、全く関係ないと葬儀にかかわれないのも問題です。
    もし、ごく身内だけで葬儀を執り行う場合でも、事前に話を親族や会社関係者に通しておくべきでしょう。また、その時に意向や希望も聞いておき反映できるものは取り入れるほうがよいでしょう。

    東京都内は埋まりがち、葬祭場選びも早めに行いましょう。

    東京都内では葬儀会場も数は多いです。しかし、杉並区周辺は特に需要が多いので埋ってしまうことも多いです。スムーズにご葬儀を進めるために、早めに行動をしておきましょう。まずは日時で会場を押さえてから、詳細をつめていくことも1つの方法です。
    東京だといろいろなスタイルの葬儀に対応してくれるので、利用したい方は東京都以外からも多いです。
    そのためある程度決まったら、すぐに葬儀社を選定するようにしましょう。こだわりの点を優先して、あとは相談しながら見積りを出してもらってください。
    ただ、慌てすぎて質の良くない葬儀社や葬儀になっては本末転倒です。しっかりと調べつつも、早めに動きだすと希望の葬儀場で希望の葬儀が実現できます。

    杉並区の葬祭場紹介

    杉並区には数多くの葬祭場があります。杉並区の葬祭場を下記表にまとめました。

    名称 住所 備考
    堀ノ内斎場 東京都杉並区梅里1-2-27 家族葬から大型葬のお葬式に対応できます。
    火葬場が併設されているので、便利です。
    東高野会館 東京都練馬区高野3-10-3 家族葬から大型葬のお葬式に最適です。
    お値段もリーズナブルです。
    駅から徒歩約5分と魅力です。
    宝亀閣斎場 東京都練馬区石神井台1-2-13 閑静な住宅地の中にある落ち着いた雰囲気の式場です。
    城西サポートセンター 東京都杉並区梅里1-2-6 家族葬に最適な式場でお値段もリーズナブルです。
    駅から徒歩約5分と魅力です。
    火葬場の隣ですので移動の負担も少なく済みます。
    龍光寺大師堂 東京都杉並区和泉3-8-35 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    閑静な住宅地の中にある落ち着いた雰囲気の式場です。
    森巖寺開山堂 東京都世田谷区代沢3-27-1 家族葬に最適です。
    バリアフリーですのでお身体の不自由な方でも、安心してご利用いただけます。
    駅から徒歩約10分と魅力です。
    長龍寺斎場 東京都杉並区高円寺南2-31-2 家族葬に最適な式場です。
    駐車場も広いのでお車でお越しの際も便利です。
    駅から徒歩約10分と魅力です。
    覚蔵寺 東京都杉並区下高井戸3-4-7 駅から徒歩約5分と魅力です。
    閑静な住宅地の中にある落ち着いた雰囲気の式場です。
    永福寺会館 東京都杉並区永福1-25-24 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    広いスペースの駐車場があるのでお車でお越しの際も便利です。
    光明院観音ホール 東京都杉並区上荻2-1-3 一般葬から大型葬のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約3分と魅力です。
    長明寺会館 東京都杉並区南荻窪4-34-10 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約8分と魅力です。
    願泉寺 東京都杉並区南荻窪3-31-23 家族葬から大型葬のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約7分と魅力です。
    西教寺 東京都杉並区松庵3-37-4 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約4分と魅力です。
    清見寺 光雲閣 東京都杉並区梅里2-11-17 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約4分と魅力です。
    火葬場も近いので便利です。
    東円寺会館 東京都杉並区和田2-14-6 家族葬から大型葬のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約7分と魅力です。
    観音寺 東京都杉並区
    高円寺南2-35-1
    家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    環状7号線沿いとアクセスもよく駅から徒歩約4分と魅力です。
    妙法寺 堀之内静堂 東京都杉並区堀ノ内3-48-8 家族葬から大型葬のお葬式に対応しております。
    広いスペースの駐車場があるのでお車でお越しの際も便利です。
    妙正寺会館 東京都杉並区清水3-5-9 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。広いスペースの駐車場があるのでお車でお越しの際も便利です。
    蓮華寺会館 東京都杉並区本天沼2-17-8 家族葬から一般葬のお葬式に最適です。
    閑静な住宅街の中でゆっくりとしたお式を執り行うことができます。

    ※詳細はお問い合わせください。

    とみん葬祭の対応エリア紹介

    とみん葬祭では、以下のエリアに対応しております。

    あ行 昭島市/あきる野市/足立区/荒川区/板橋区/稲城市/江戸川区/青梅市/大田区
    か行 葛飾区/北区/清瀬市/国立市/江東区/小金井市/国分寺市/小平市/狛江市
    さ行 品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/世田谷区
    た行 台東区/立川市/多摩市/中央区/調布市/千代田区/豊島区
    な行 中野区/西東京市/練馬区
    は行 八王子市/羽村市/東久留米市/東村山市/東大和市 /日野市/日の出町/府中市/福生市/文京区
    ま行 町田市/瑞穂町/三鷹市/港区/武蔵野市/武蔵村山市/目黒区

    ご予算や故人様の生前のご希望など、皆様に100%ご満足いただける葬儀をご案内いたします。
    その他東京エリア・埼玉エリアでも葬儀を承っておりますので、お気軽にご相談ください。