一般葬から家族葬、直葬等
どんなことでもご相談下さい
お急ぎの方は
365日24時間
  • 夜間OK
  • 土日祝日OK
  • 迅速なお迎え
  • 突然訪れる家族との別れ。悲しみに沈む遺族は、次々と困難な「選択」を迫られます。病院や施設で亡くなり、遺体の安置、お通夜、そして葬儀、火葬。
    大まかな流れは、ほとんどの人が知っていると思いますが、詳しくはわからない人もいますよね。
    核家族化が進む世田谷区では、「こぢんまりと」「お金をかけず」「自分らしい」お葬式をあげたいという人も増えています。
    ここでは、葬儀という人生の最期の選択を、故人と遺族の双方が納得できるセレモニーにし、いざというとき慌てないように葬儀についてまとめました。

    葬儀の流れや手順・東京での葬儀

    ご逝去を迎えたあと、まずは死亡診断書・死亡届の受け取り、臨終を知らせるべき方へ連絡などを行いましょう。連絡をするタイミングで、どの葬儀社にお葬式を依頼するかも、この時点で決めておくと良いでしょう。決められないという場合には、病院が提携している葬儀社に決まることがほとんどです。病院内の霊安室は数時間ほどしかいられないため、ご逝去後はできるだけ早く決めておきましょう。葬儀社が決まったら、葬儀社の安置所・またはご自宅へ迎えられます。

    葬儀社が決まり、ご遺体安置が無事終わりましたら、葬儀の打ち合わせです。打ち合わせと平行して死亡届の提出、遺影の準備などをしておきます。
    葬儀は、仏教・キリスト教・その他宗教で形式などが変わります。故人の意思も尊重し、宗教に則した葬儀を執り行いましょう。

    仏教の場合に気をつけるポイント

    キリスト教は音楽や歌などを用いる葬儀ですが、仏教は、静かな場所で悲しみを癒す葬儀です。
    宗派によって多少異なりますが、基本、数珠の作法と焼香の作法を覚えておけば大丈夫です。
    仏教の葬儀は、人生を終えたとき、仏様に感謝する場であるという考え方をもっています。
    また普段からお付き合いのある僧侶の方に来てもらい読経をしてもらいます。
    御布施(読経料・戒名料も含む)のほかに、お車代・お食事代も必要です。戒名はランクによっては、高額になりますので、事前にお寺に確認しておきましょう。

    キリスト教の場合に気をつけるポイント

    キリスト教式は、「カトリック」と「プロテスタント」に分かれます。
    特にカトリックはとても、厳格に執り行われ、葬儀も教会で行います。一方プロテスタントは亡くなった人は神のもとに戻り安らかになるという考えがあるので
    キリスト教は、亡くなることは永遠の命の始まりであると考えられており、参列者は、葬儀の場で、お悔やみの言葉は述べません。また、聖歌や賛美歌を斉唱します。
    数珠は仏教専用の法具なので不要です。また香典にも水引は必要ありません。
    キリスト教では本来お通夜は行いませんが、日本の習慣に従って、前夜祭を行うことがあります。

    経験豊富な葬儀社を選ぶべき

    世田谷区には葬儀社が数多く存在しています。
    生前にご葬儀のことを相談していれば、より良いのですが、訃報は突然のものですし、そういったことを決めるのは縁起が悪いと、タブーとなっている方も多いかもしれません。
    ですが、病院と提携している葬儀社が故人の意思に合った葬儀を行ってくれるとは限りません。これまでにさまざまな経験をしている葬儀社を選ぶと、親身な助言や適切な対応をしてくれること、スムーズにご葬儀までを提案してくれることなどのメリットがあります。
    ご遺族のためにも、ご自身が亡くなられたときにどの葬儀社に頼めばいいのかを事前に決めておくと良いでしょう。

    葬儀社を決める

    亡くなった後に葬儀社を探した人の検討時間を100人に調査したところ、おおよそ半数以上が3時間以内に葬儀社を決定しているというデータがあります。
    これは生前から自分が亡くなったときのために葬儀社を決めている方も多いのです。
    もし、故人がお元気なときに見積りが取れるのであれば取っておきましょう。
    依頼者は「葬儀費用」を葬儀に関わる一切の費用、総額だと思っていがちですが、葬儀社では火葬場や、仕出し業者などへ支払う費用を「実費」や「立替え」と表現していることもあります。

    また、葬儀社に深く関わる費用だけを指して「葬儀費用」と呼んでいるところも多いので、この捉え方の差がトラブルになることもあります。
    葬儀社の見積りには、何が含まれていて、何が含まれていないのかを事前に確認しておくのが良いでしょう。もし、丁寧に答えてくれない場合はその葬儀社には要注意です。
    また、お葬式は葬儀社の担当者の力量によっても、良し悪しが変わるものです。
    「故人が逝去し、遺体引取り相談の電話の応対がとても良く、この葬儀社に決めた」との声もあるぐらい担当者の人柄がとても大事です。
    安心して頼れるスタッフがいるのは、親身になってくれる葬儀社といえますので、葬儀社を選ぶときの判断材料にしてください。

    とみん葬祭の葬儀社としての強み

    お線香1箱をお届けなど、小回りが効きます。
    1家族に対して、1担当者が、事前のご相談からご葬儀、法要やアフターフォローまで一環して担当する自社スタッフでのお手伝いをしております。
    葬儀式場や霊安室が首都圏を中心に地方まで多数、提携しています。

    自社寝台車を完備しいる為、24時間年中無休にて対応可能です。
    葬儀費用の不安を解消する為に、ご家族のご意向をお聞きしながら飲食費や返礼品、式場費などを全て含んだ、葬儀総額費用のご相談、お見積は無料で作成しております。
    市民葬取扱店や行路病者取扱店等の為、行政からの信頼があり安心です。
    店舗がございますので、お仕事帰りなどでもお気軽にご来店でのご相談をすることが可能です。
    とみん葬祭では、葬祭ディレクターが在籍しております。
    ご家族の身になり、ご家族の視線に立って、専門性をもったご提案をさせていただきます。

    故人や家族の意向を考えながら、葬儀の形式を決める

    次は、葬儀の形式を決めます。
    「一般葬」「一日葬」「家族葬」「直葬」のどのスタイルで葬儀を行うかを決めます。

    「一般葬」には家族葬にはない2つのメリットがあります。

    一つ目は、一度にお見送りができることです。
    家族葬のため参列できなかった方が、個別に自宅へ弔問に訪れ、その度に対応しなくてはいけないといった負担を抑えることができます。
    もう一つは、故人とご縁のあった方々にお顔を見ていただき、お世話になったお礼と感謝の思いを直接伝えられることです。

    「一日葬」は、2日間のスケジュールを空けるのが難しい人や、費用を抑えたいと考える人に向いている葬儀スタイルです。
    大都市を中心に利用者が急増しています。一日葬は日中に行うので、仕事や学校で忙しく、故人と最期の別れができない人が多く利用している可能性があります。
    次に「家族葬」ですが、「家族葬」のメリットは、葬儀の内容を自由に決められること、故人とゆっくりお別れができることなどがあります。
    「直葬」は、身内だけで葬儀を行いたい場合に行うことが多い葬儀スタイルです。
    しかし、一連の流れが重要視される仏式とは異なるので、葬儀に関わる方々の理解が必要となりますので良く話しあってから決めなくてはいけません。
    「直葬」は、日本人の宗教観の変化や核家族化に伴い、特に首都圏では増える傾向にあります。

    とみん葬祭からのアドバイス

    葬儀には、ご遺族の考え方によってさまざまな形式があります。
    しかし、日頃は縁のない事ばかりであり、お分かりにならない点も多々あるのではないかと思います。そこで微力ながらとさまざまな葬儀の形式をご提案させて頂きます。

    それぞれのメリット、デメリットを参考にして納得のいくご葬儀の形を見つけて頂ければ幸いです。

    昨今、「家族葬」という言葉が広く知られるようになりました。
    お葬式のご相談を受ける際に「家族葬でお願いします」とおっしゃる方も増えています。
    「家族葬」という言葉がどのようなお葬式を意味するのかという点については、それぞれのご家族によって異なりますが、「お葬式をあまり盛大にしたくない」という意識があるようです。

    では、お葬式の規模を小さくすれば、本当にお葬式の費用は抑えることができるのでしょうか?
    その答えは、半分は正解で半分は不正解です。
    正解というのは、飲食や返礼品など、お葬式に参加する方の人数によって変動する費用は人数が少なければ少ないほど、かからなくなるからです。
    ではなぜ、半分は正解なのでしょうか?
    その秘密はお香典にあります。いっぱんに、お葬式に参列される方は、故人との関係に応じてお香典をお持ちになります。このお香典がお葬式の費用をカバーするため、お葬式そのものにかかる費用は多少増えても、実際にご遺族の方が持ち出しする費用は低く抑えられるというわけです。

    お香典の由来には諸説ありますが、みんなで助け合ってご遺族の負担を少しでも軽くする。そんな「お互いがお互いを助け合う」という気持ちが、お香典には受け継がれていると思います。「お葬式でご遺族にかかるご負担を少しでも軽くしたい」そんな私たちの想いを少しでもお伝えすることができれば幸いです。

    次の見出しでは、葬儀の形式ごとに金額やスケジュールを紹介していきます。

    一般葬の場合の金額やスケジュール

    「一般葬」は、遺族のほかに、友人や会社の関係者など多くの人に参列してもらうため、規模が大きくなります。

    広い会場を貸し切って、豪華な祭壇を用意し、たくさんのおもてなしの準備が必要です。
    葬儀社には、ご遺体の移送、安置、お通夜、告別式、出棺、火葬(仏教では仕上げ法事や精進落とし)までをサポートしてもらいます。
    全国の予算の平均は約100万円です。50万円代~のプランもありますが、高いものになると200万円を超えるなど、金額に非常にバラツキがあります。
    「施設にかかる費用」「葬儀を行うのにかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」「宗教者へのお礼、心づけ」が一般葬にかかる費用の内訳になります。

    ここでは「一般葬」「一日葬」「家族葬」「直葬」の場合の金額やスケジュールについてお話してきます。

    一日葬の場合の金額やスケジュール

    「一日葬」では、お通夜を行わないこと以外は、一般の葬儀と流れは同じです。
    しかし、必ずしも施設使用が1日で収まるとは限りません。
    葬儀社・火葬場の都合によっては、2日かかるケースもあるので、事前に確認をしておきましょう。
    予算の全国平均は、約50万円で、通夜を行わない分、費用を抑えることはできますが、どんな葬儀を行うかによって金額には大きな差が出ます。
    一日葬は「費用を抑えたい」という理由で選ばれることが多い葬儀スタイルなので、低い金額帯のものが選ばれやすいのです。
    「施設にかかる費用」「葬儀の施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」「宗教者へのお礼、心づけ」が葬儀費用の内訳になります。

    直葬・家族葬の金額やスケジュール

    「直葬」といっても、逝去から24時間は火葬ができないと決められています。
    逝去後は、葬儀社の安置場所で安置するか、可能なら自宅で安置しなくてはいけません。このとき、葬儀担当者と火葬場所など今後の打ち合わせを行います。
    24時間が経過したら納棺・出棺となります。
    納棺後、火葬場へ行き火葬を行います。火葬場に僧侶を呼び、お経を読んでもらいます。
    火葬は通常1時間程度で終了し、最期に遺骨を骨壷に納める骨上げを行って終了です。
    この一連が直葬の基本的な流れになります。

    このように、直葬の流れは、通常の葬儀と比べいろいろな意味でもご遺族の負担が少なくなります。しかし、告別式やお通夜もやれば良かったなど後々、後悔することも考えられますので、しっかりと考えてから決めることをおすすめします。
    直葬の平均予算は、約20万円以下で、「施設にかかる費用」と、場合によっては「宗教者へのお礼、心づけ」が葬儀費用の内訳になります。

    「家族葬」は、葬儀の規模が小さいだけで、流れは一般葬と同じです。
    平均予算は約60万円。規模が小さいため、一般葬より価格を抑えることができます。
    安いものは10万円台~高いものは100万円を超えるものまで、これも金額に大きな幅があります。
    「施設にかかる費用」「葬儀の施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」「宗教者へのお礼、心づけ」が葬儀費用の内訳になります。

    世田谷区の葬儀モデルケース

    とみん葬祭が行った世田谷区での葬儀のモデルケースをご紹介します。

    区民斎場みどり会館での葬儀の場合

    ※宗教者へのお布施は含まれておりません
    ※料理屋返礼品など不要なものは省くことが可能です
    ※各種プランの変更も可能です

    代々幡斎場での葬儀の場合

    宗教者へのお布施は含まれておりません。
    料理屋返礼品など不要なものは省くことが可能です。
    各種プランの変更も可能です。

    親族や会社と相談して、葬儀の日程を決める

    葬儀の日程を決めるときは、遠方からお見送りに来る方でも参列しやすい日時を選ぶようにしましょう。
    葬儀の日として、選ばない日が「友引」です。「友引」は火葬をする(=あの世へ行く)ときに友を引っ張っていく、という迷信から来ていますが、「友引」の日は火葬場がお休みであることも多いです。(お通夜の日は友引でも構いません)
    このようなこともあるので葬儀会社に相談してから決めたほうが良いでしょう。
    しかし、葬儀の日程を決めてから、他の手配をすることが可能ですが、東京都の場合は、少し状況が違うので注意が必要です。

    東京都内は埋まりがち、葬祭場選びも早めに行いましょう

    先にも述べましたが、東京の火葬場の混雑しています。ご逝去から葬儀まで1週間~10日以上も待たされてしまうようになっており事態は深刻化しています。
    ですから、以前は、休みだった「友引」も、現在は営業する火葬場も多くなってきましたが、それでも火葬場の予約が取りにくい状況が続いているのが現状です。
    もし、東京で葬儀を行うのであれば、火葬の予約を早めに手配するようにしておきましょう。
    故人の人生最期のセレモニーは辛い気持ちでも、たくさんの選択をしなければいけません。
    どの葬儀スタイルを選ぶかはご遺族が決めなくてはいけません。
    故人を気持ち良く見送るためにも、事前にしっかりと確認し、後々、トラブルになったり、後悔したりしないように、いろいろなことを決めておくのが大切です。

    世田谷区の葬祭場紹介

    世田谷区には火葬場がございませんので、世田谷区周辺の火葬場を利用するのが一般的です。
    世田谷区の葬祭場を下記表にまとめました。

    名称 住所 備考
    代々幡斎場 東京都渋谷区西原2-42-1 家族葬から大型葬のお葬式に対応できます。
    駐車場も広いのでお車でお越しの際も便利です。
    火葬場も併設されているので便利です。
    駅から徒歩約5分と魅力です。
    桐ケ谷斎場 東京都品川区西五反田5-32-20 家族葬から大型葬のお葬式に対応できます。
    火葬場も併設されているので便利です。
    駐車場も広いのでお車でお越しの際も便利です。
    駅から徒歩約10分と魅力です。
    区民斎場
    みどり会館
    東京都世田谷区北烏山5-1-5 家族葬・一般葬向きです。
    ※亡くなった方、
    又は喪主様が世田谷区民に限ります。

    ※詳細はお問い合わせください。

    とみん葬祭の対応エリア紹介

    とみん葬祭では、以下のエリアに対応しております。

    あ行 昭島市/あきる野市/足立区/荒川区/板橋区/稲城市/江戸川区/青梅市/大田区
    か行 葛飾区/北区/清瀬市/国立市/江東区/小金井市/国分寺市/小平市/狛江市
    さ行 品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/世田谷区
    た行 台東区/立川市/多摩市/中央区/調布市/千代田区/豊島区
    な行 中野区/西東京市/練馬区
    は行 八王子市/羽村市/東久留米市/東村山市/東大和市 /日野市/日の出町/府中市/福生市/文京区
    ま行 町田市/瑞穂町/三鷹市/港区/武蔵野市/武蔵村山市/目黒区

    ご予算や故人様の生前のご希望など、皆様に100%ご満足いただける葬儀をご案内いたします。
    その他東京エリア・埼玉エリアでも葬儀を承っておりますので、お気軽にご相談ください。