一般葬から家族葬、直葬等
どんなことでもご相談下さい
お急ぎの方は
365日24時間
  • 夜間OK
  • 土日祝日OK
  • 迅速なお迎え
  • 葬儀に備え普段から情報収集をしていたり、知識を身につけていたりするというケースは、この高齢化社会となった現代でもあまり見られません。
    今回は西東京市で葬儀を行うかたに向けて、葬儀において気を付けない基本をとみん葬祭からのアドバイスとともにご紹介していきます。

    親族の不幸はいつ訪れるかわからないものです。突然葬儀を行うことになった場合、慌ててしまい適切な葬儀が出来なかった、葬儀社の言うままに執り行い高額な費用がかかってしまったという後悔が残るかたもいるようです。

    そのような事態に陥らないためにも、事前に葬儀のノウハウを知っておくことが大切です。西東京市は市役所において手続きを行うことで、独自の葬祭補助などが受けられるなど、地域ごとの特徴もご紹介します。

    葬儀の流れや手順・西東京市での葬儀

    故人がお亡くなりになられたときは、医師が死亡を確認し、臨終であることを親族に伝えます。伝えられた親族は、その医師に「死亡診断書」の作成を依頼します。

    亡くなられたと同時に、葬儀の手配が開始されます。

    まずはそのために親族や故人の生前親しかった人に連絡を行いましょう。
    同時にどの葬儀社にお葬式を依頼するのかも、この時点で決めることです。

    出来れば故人が危篤状態に陥る前に決めておきたいものですが、突然の場合がほとんどです。その場合は病院が提携している葬儀社に決めることもあります。もし、葬儀社が決定しているのであれば、ご遺体は指定された葬儀社の安置所へ迎えられます。

    病院では、お亡くなりになったタイミングで、ベッドを空ける必要があります。そのため、自宅などあらかじめご遺体をどこに安置するか決めておく必要がでてくるのです。

    仏教の場合に気を付けるポイント

    仏教を信仰している場合は、故人がお亡くなりになられたあと遺体を安置し、お世話になっていたお寺に連絡をします。お寺と葬儀社が相談して、お葬式の日程が決まるのが一般的な流れです。

    お寺を決めていなかった場合は、近所の菩提寺に連絡することもあります。故人が生前住んでいた近くにあるお寺を、事前に調べておくとスムーズに連絡が出来ます。

    仏教の場合は、ご遺体の唇を湿らせる「末期の水」や、枕飯・枕団子を用意する風習など地域や宗派ごとにあります。そういった仏教の葬儀で大切になるポイントは、葬儀社に質問すると良いでしょう。

    キリスト教の場合に気を付けるポイント

    キリスト教では「死の迎え方」が非常に重要視されています。そのためご危篤の時やご臨終の際に、牧師さんがいて下さるように手配する必要があるのです。お亡くなりになられたと同時に、牧師さんに神様に祈りを捧げてもらいましょう。

    西東京市にはキリスト教に対応している葬儀社も存在します。故人にはお洋服やメイクを施し、お棺には思い出の品を入れるのがキリスト教の一般的なお葬式です。

    そのため、故人が愛用していたものや、生前が偲ばれるお洋服などを用意しておくことが大切になります。

    経験豊富な葬儀社を選ぶべき

    西東京市には数多くの葬儀社が存在します。現代では病院でご臨終を迎える方がほとんどですが、病院からの紹介がある葬儀社が優良な葬儀社であるとは限りません。

    どのような葬儀をしたいのかという、親族の気持ちを大切にしてくれる葬儀社を選ぶことで安心してお任せすることができるでしょう。

    そして多くの葬儀を行ってきたという経験が豊富なことも選ぶポイントになります。なぜなら、経験が豊富であれば親身な助言や適切な対応を聞くことも出来るからです。

    葬儀社を決める。

    さきほどお伝えしたように、お亡くなりになられたとほぼ同時に葬儀社を決める必要があります。

    事前に、葬儀社の目星をつけておくと相談する事や手続きが楽になります。しかし、準備ができているかたは、ほとんどいらっしゃらないのが現状です。

    ある程度親族の間で、「このようなお葬式が良い」という具体的な内容を決めておくと、漠然と探すよりも葬儀社選定をしやすくなるでしょう。

    インターネットには西東京市の葬儀社の情報や口コミなどを、まとめて掲載されているサイトがあります。また、サイトはその会社の特徴や特色を分かりやすく出しているため、個々の葬儀社のサイトをみることもおすすめです。

    また決める際に重要なのが、事前の見積もりや相談に明確に応じてくれる葬儀社に依頼をすることです。あとで説明のあるなし、金額が違うなどのトラブルを避けることが出来ます。

    いくら突然とのこととはいえ、すぐに契約をすすめる業者ではなく、出来るだけ相談に応じてくれる会社を選びましょう。

    とみん葬祭の葬儀社としての強み

    お線香1箱をお届けなど、小回りが効きます。
    1家族に対して、1担当者が、事前のご相談からご葬儀、法要やアフターフォローまで一環して担当する自社スタッフでのお手伝いをしております。
    葬儀式場や霊安室が首都圏を中心に地方まで多数、提携しています。
    自社寝台車を完備しいる為、24時間年中無休にて対応可能です。
    葬儀費用の不安を解消する為に、ご家族のご意向をお聞きしながら
    飲食費や返礼品、式場費などを全て含んだ、葬儀総額費用のご相談、お見積は無料で作成しております。
    市民葬取扱店や行路病者取扱店等の為、行政からの信頼があり安心です。
    店舗がございますので、お仕事帰りなどでもお気軽にご来店でのご相談をすることが可能です。
    とみん葬祭では、葬祭ディレクターが在籍しております。
    ご家族の身になり、ご家族の視線に立って、専門性をもったご提案をさせていただきます。

    故人や家族の意向を考えながら、葬儀の形式を決める

    西東京市でのお葬式の費用の目安は、210万円程度と言われており、東京内では比較的高い傾向があります。あくまでこれは平均としての結果ですので、執り行う際は故人や親族の意向によって差がでてきます。

    また、西東京市では葬祭費の補助を受けることが可能となっており、西東京市国民健康保険に加入している方が死亡し、葬儀を行った場合は、喪主に5万円の補助が支払われます。申請が必要ですので、要件を確認してみましょう。地元の葬儀社であれば、そういった知識もあるため安心して任せられるかもしれません。

    葬儀社とは、祭壇からどの道具が良いかなどについて細かく打ち合わせが必要となります。祭壇のサイズ・戒名の有無・斎場の費用は、かならずチェックしておくべき大切な部分です。親族の間でどの部分を重要視するか、葬儀にかける費用はいくらまでか、などを決めておくと良いでしょう。

    とみん葬祭からのアドバイス

    葬儀には、ご遺族の考え方によってさまざまな形式があります。
    しかし、日頃は縁のない事ばかりであり、お分かりにならない点も多々あるのではないかと思います。そこで微力ながらとさまざまな葬儀の形式をご提案させて頂きます。

    それぞれのメリット、デメリットを参考にして納得のいくご葬儀の形を見つけて頂ければ幸いです。

    昨今、「家族葬」という言葉が広く知られるようになりました。
    お葬式のご相談を受ける際に「家族葬でお願いします」とおっしゃる方も増えています。
    「家族葬」という言葉がどのようなお葬式を意味するのかという点については、それぞれのご家族によって異なりますが、「お葬式をあまり盛大にしたくない」という意識があるようです。

    では、お葬式の規模を小さくすれば、本当にお葬式の費用は抑えることができるのでしょうか?
    その答えは、半分は正解で半分は不正解です。
    正解というのは、飲食や返礼品など、お葬式に参加する方の人数によって変動する費用は人数が少なければ少ないほど、かからなくなるからです。 ではなぜ、半分は正解なのでしょうか?
    その秘密はお香典にあります。いっぱんに、お葬式に参列される方は、故人との関係に応じてお香典をお持ちになります。このお香典がお葬式の費用をカバーするため、お葬式そのものにかかる費用は多少増えても、実際にご遺族の方が持ち出しする費用は低く抑えられるというわけです。

    お香典の由来には諸説ありますが、みんなで助け合ってご遺族の負担を少しでも軽くする。そんな「お互いがお互いを助け合う」という気持ちが、お香典には受け継がれていると思います。「お葬式でご遺族にかかるご負担を少しでも軽くしたい」
    そんな私たちの想いを少しでもお伝えすることができれば幸いです。

    次の見出しでは、葬儀の形式ごとに金額やスケジュールを紹介していきます。

    家族葬の場合の金額やスケジュール

    西東京市での家故人がお亡くなりになられた当日は、遺体の安置と葬儀社の打ち合わせ、翌日の午後にお通夜を執り行い、翌々日に告別式という流れが一般的です。しかし都内の場合は、自宅で行うかたはすくないため、式の場所によりスケジュールが変わることもあります。そのため、家族葬の場合は、おおよそ3日かかると考えておきましょう。

    お通夜は夜18時頃から、告別式は午前11時頃から開始することが多く、式自体は40分程度で終了します。こちらも参列者や内容などにより前後することがあります。そのようなときは葬儀社と相談しましょう。

    告別式のあとは火葬場に向かい、納骨となります。近年では火葬と同時に初七日・四十九日の法要を執り行っており、葬儀社でも共通しています。四十九日法要が終わったあとに、墓地や納骨堂へお納めする形になるのです。

    一日葬の場合の金額やスケジュール

    一日葬は、一般的なお葬式の「通夜」を無くした葬儀です。告別式と火葬だけを執り行う形となります。費用は205万円ほどであるのが、西東京市の一日葬の一般的な費用といわれています。葬儀に呼ぶ親族も少なめで、お通夜がないため日帰りとなるため参列しやすい、という理由で選ぶ方も多くいらっしゃいます。

    ご遺体を自宅または安置所に置いたあと、葬儀社と打ち合わせを行い、翌日に告別式を行うというスケジュールとなります。告別式が完了次第、そのまま火葬場へと向かいます。告別式を行う時間がありますので、参列した親族や親しい人はその時に故人とのお別れの時間を取ることが出来ます。

    家族葬と同じように、火葬と同時に初七日と四十九日法要を行うことがほとんどです。一日葬の場合は、遠方の方や大量に不安がある方も一日で終わるため、宿泊施設の準備なども不要になります。

    直葬・火葬式の金額やスケジュール

    直葬・火葬式と呼ばれている式は、通夜も告別式も行わなず火葬のみを行う葬儀のかたちです。西東京市ではおおよそ20万円程度で行うことができます。費用の違いは、火葬場をどこで利用するかによって変動します。火葬場には、公営・民営によって違いがでてきますので、葬儀社の人に質問をしてみましょう。

    そして、西東京市には公営・民間どちらの火葬場もありません。そのため近隣の市や区で火葬を行うという形がポピュラーです。

    収容人数などの決まりもありますので、葬儀社と相談した上でどこでお葬式をするかを決めましょう。

    西東京市の葬儀モデルケース

    とみん葬祭が行った西東京市での葬儀のモデルケースをご紹介します。

    モアサポートでの葬儀の場合

    ※宗教者へのお布施は含まれておりません
    ※料理屋返礼品など不要なものは省くことが可能です
    ※各種プランの変更も可能です

    総持寺 大日堂斎場での葬儀の場合

    ※宗教者へのお布施は含まれておりません
    ※料理屋返礼品など不要なものは省くことが可能です
    ※各種プランの変更も可能です

    親族や会社のかたと相談して、葬儀の日程を決める

    葬儀社が決まり次第、葬儀の日程を決める必要が出てきます。

    一般的なお葬式の場合は、翌日に通夜・翌々日に告別式というスケジュールということが多いものです。従来はこうしたスケジュールを喪主が決定していましたが、現在は葬儀社との打ち合わせで決めることがほとんどになっています。

    喪主と親族の会社などをお休みすることになりますので、調整が必要になります。また近親者でないかたには、葬儀社との打ち合わせとスケジュールが確定したあとに連絡を行います。

    お葬式の日程だけを決めるのではなく、火葬場の混雑具合も調べておくことも必要です。特に西東京市の場合は、市内で火葬をすることが出来ませんので、府中市の火葬場の状況を調べておくことがポイントになります。

    こういった部分も葬儀社が、手配をしてくれます。場合によっては、葬儀自体を遅らせるケースも考えられますが、それはマナー違反ではないため安心してください。

    西東京市都内は埋まりがち、葬祭場選びも早めに行いましょう

    西東京市では寺院斎場や民営斎場がたくさんありますが、いざという時の備えのために、あらかじめどこの斎場にお世話になるかを決めておくことが大切です。

    家族葬を執り行う予定であっても、親族だけではなく、故人が生前お世話になった方や友人が参列する可能性があります。そのような場合は、時間や準備は一般葬と変わらないというケースが存在するのです。

    悲しい知らせのあとの手続きとなりますが、葬儀社と協力して良いお葬式を行いましょう。

    しかし時期やタイミングによって、葬儀社も手が空いていないことが考えられますので、出来るだけ事前に葬祭場を決めておくとよりスムーズにお葬式を進めることが可能となるでしょう。

    西東京市の葬祭場紹介

    西東京市の葬祭場を下記表にまとめました。

    名称 住所 備考
    多磨葬祭場 東京都府中市多磨町2-1-1 家族葬から大型葬のお葬式に対応できます。
    火葬場が併設されているので、便利です。
    総持寺大日堂 東京都西東京市田無町3-8-12 家族葬から200名程度のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約5分と魅力です。
    柳澤禅寺 東京都西東京市柳沢6-7-13 家族葬から80名程度のお葬式に最適です。
    駅から徒歩約5分と魅力です。
    金剛寺 東京都西東京市南町1-4-6 家族葬向けの式場です。
    駅から徒歩約6分と魅力です。
    東京本願寺 東京都西東京市
    ひばりが丘4-8-22
    家族葬向けの式場です。
    駅から徒歩約6分と魅力です。

    ※詳細はお問い合わせください。

    とみん葬祭の対応エリア紹介

    とみん葬祭では、以下のエリアに対応しております。

    あ行 昭島市/あきる野市/足立区/荒川区/板橋区/稲城市/江戸川区/青梅市/大田区
    か行 葛飾区/北区/清瀬市/国立市/江東区/小金井市/国分寺市/小平市/狛江市
    さ行 品川区/渋谷区/新宿区/杉並区/墨田区/世田谷区
    た行 台東区/立川市/多摩市/中央区/調布市/千代田区/豊島区
    な行 中野区/西東京市/練馬区
    は行 八王子市/羽村市/東久留米市/東村山市/東大和市 /日野市/日の出町/府中市/福生市/文京区
    ま行 町田市/瑞穂町/三鷹市/港区/武蔵野市/武蔵村山市/目黒区

    ご予算や故人様の生前のご希望など、皆様に100%ご満足いただける葬儀をご案内いたします。
    その他東京エリア・埼玉エリアでも葬儀を承っておりますので、お気軽にご相談ください。